ミネラルウォーターには炭酸が含まれているものが多い

ミネラルウォーターには炭酸が含まれているものが多いようです。

しかし、市販されているミネラルウォーターは成分が調整されているため、炭酸を抜いている場合があるのです。 ナチュラルミネラルウォーターと呼ばれる種類のものは成分未調整ですから、かなりの炭酸を含んでいます。 もちろん、炭酸ジュースほどではありませんが、泡が出ているのがわかります。 地下水には炭酸が含まれていることが自然と言うことなのです。

日本よりもヨーロッパなどで生産されているミネラルウォーターには多くの炭酸が含まれています。 また、ナチュラルウォーターには炭酸が入っているのですが、健康に悪いということはありません。 一般的に言う炭酸ジュースが悪いというのは糖分などをたくさん含んでいるからです。 ミネラルウォーターが健康によいのは、含まれるミネラルの成分によるものですから、炭酸は関係ないのです。

日本で販売されているミネラルウォーターでは炭酸だけを強調していて、ミネラルがあまり含まれていない商品もあります。 ようするに見かけだけで選ぶのではなく、成分などきちんと押さえておくことが大事と言うことなのです。

日本の水は一般的に軟水が多くなっています。 そのため、健康に必要なミネラルを十分に摂取することができません。 外国産のミネラルウォーターを飲むことも考えてみましょう。 炭酸が含まれていることによって、口当たりがよくなるとも考えられます。 炭酸が好きな人なら、炭酸入りのナチュラルミネラルウォーターを飲むといいのです。


アクアクララは現代人に必要な4種類のミネラル成分をバランスよく配合しました。

さらに、現代人が好む軟水に仕上げることで口の中でまろやかにひろがる、おいしくヘルシーな水になっています。

天然のミネラルウォーターや家庭用浄水器とは異なる発想でつくった、アクアクララの安心とおいしさを毎日お楽しみください。