ミネラルウォーターの特徴などを比較してみましょう。

ミネラルウォーターを好んで飲んでいる人が増えてきたのではないでしょうか。 コンビニやスーパーなどではたくさん種類のミネラルウォーターが販売されています。 その中のどれを選べばいいかわからない人も多いのです。 そこで市販されているミネラルウォーターの特徴などを比較してみましょう。

まず「クリスタルガイザー」はアメリカ産です。 ロッキー山脈の近くで取れる水を原料にしているようです。 日本人に合いやすい軟水です。 アメリカでは1ガロンのペットボトルで販売されていることが多いようです。 日本でもペットボトルで販売されていますから、飲んだことのある人も多いと思います。 大容量のペットボトルならば、イベントやアウトドアでの利用が便利ですね。 水分補給だけではなく、コーヒーや紅茶として利用するのもいいのではないでしょうか。

それから「ボルヴィック」です。 原産地はフランスです。 ヨーロッパでは一般的に硬水が多いのですが、ボルヴィックは軟水です。 日本に輸入されているのは軟水が日本人の好みに合っているからかもしれません。 日本では一番人気が高く、最大のシェアを誇っていると言われています。 ヨーロッパの火山活動によるミネラルが豊富なミネラルウォーターとなっているのです。 ミネラル成分はバランスよくまろやかな口当たりが人気の秘密かもしれませんね。 販売はサントリーが行っています。

最後に「ヴィッテル」です。 フランス東部の山ろくで採取されている水です。 近くには伝統のある温泉保養地があるのです。 硬水なのですが、カルシウムを多く含み非常に飲みやすくなっています。